廃車を考える際にも、車売却の選択が出来ます。

車を買い替える・手放す場合においては、オーナーが車の状態に応じて車売却か廃車を検討するのが一般的です。その判断としては車の希少性・走行距離・年式を総合的に勘案し、走行距離が多い・低年式であるほど廃車を選択する動機が強くなります。また、事故等で車そのものの走行が不可能な場合は廃車を選択する動機が強くなると言えます。しかし、こうした判断で売却・廃車の選択をする事は必ずしも正しいとは言えません。その理由は、日本の車両の適合基準は世界的に見て厳しい部類にあり、海外への売却であれば走行距離が多い・低年式といった車であっても需要を満たせる可能性が高く、そうした事から車売却に至る可能性はかなり幅広いと言えるからです。実際、オーナーが廃車を選択した場合には廃車専門の業者への依頼を選択する事になりますが、こうした業者では無料で車を引き取ってくれるケースが多々あります。無料引き取りが可能なのは、車両の所有権を業者自らに移した後、海外に売却する事で利益を得て事業を成り立たせているからです。この行為自体には問題がありませんが、これであれば始めから車売却を選択した場合の流れと実質的に同じです。そうであればオーナー自らが車売却を選択し、買取査定等を利用して少しでも売却益を得た方が有利であると考えられるのです。